千葉における葬儀の新しいスタイル

今までの葬儀というと、多少規模の違いはありましたが、きちんと見送るのが定番でした。

しかし今は時代の流れとともに、世の中の状況も変化しており、千葉での葬儀スタイルも様々な形になっています。

・新しい形の葬儀

少子高齢化や、核家族化が進んでいるという事もあって、葬儀をしようにも参列者が遺族しかいない、もしくは身寄りがなく遺族もいないというケースが千葉でも増えています。

この場合葬儀をしても参列者がいないと意味がありませんし、葬儀には費用もかかりますので、難しい問題です。

親族や知り合いがいても他に人を呼ばず、家族だけで見送りたいと考える人も増えています。

最近になり増えているのが、家族葬や一日葬、直葬です。

以前はこういった葬儀はほとんど見られませんでしたが、遺族の負担が少なく済むなどメリットも多い事からここ数年で数が増えています。

・葬儀を行う際の注意点

家族葬は家族だけでゆっくり見送る事が出来る事、参列者がいないので通夜振る舞いや、会葬御礼品を手配しなくて済むため、遺族の経済的負担が少なく済みます。

その分香典もありませんが、弔問のお礼や挨拶、香典返しもしなくていいので、遺族の精神的な負担も軽減できます。

ただし親族がいるのに、連絡をせずに家族葬で済ませてしまうと、後からなぜ葬儀に呼んでもらえなかったのかと、揉める事があります。

・まとめ

家族葬は最近増えているスタイルですが、親族がいる場合は事前に確認や相談をしておく方がいいかもしれません。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN